「発情の律動(リズム)」を読んだ感想