「あふれてしまう ぼくのカラダ、さわって」を読んだ感想