「狼の口 ヴォルフスムント」を読んだ感想