「カラダに契約の刻印を」を読んだ感想